ほっかブログ

カテゴリー「旅」

くれ

_DSC0219

spiral

_DSC0036

空を切り取る

_DSC0027_DSC0017

Atomic Bomb Dome

_DSC0115

記念2

俗世(?)を離れて頭をリセット!

金曜日から富士山の麓の研修センターにて合宿に参加。

「経営合宿」、何やらかっこよさげ。タイトルだけでモチベーションが上がってくる。

まぁ、そんなことは別にどうでも良いのだけど、ふと日常を離れて思索にふけるというのは実に良い。

経営合宿という名目であれども基本的には自習。黙々と一人で考え抜く。

富士山の勇壮な姿に癒されつつ、まるで日頃はロックされた心の蓋を少しづつ開けるように心をリセットしていく。

仕事の整理はもちろん会社のこれからについて考えることがメインテーマではあったものの、自分の立ち位置やミッションについて考えてみた。(案外こっちがメインだったりして)

一度自分自身を見直す機会が欲しかったのでちょうど良かった。

 

漠然とクリエイティブ系の仕事をしたいというのは今までもあったのだけど具体的には何か、何をつくり、どういう結果に繋げていきたいか。改めて自分に問いてみた。

すると意外にもヒントはすぐに出てきた。非日常的な環境で考えると自分の意見がよく聞こえる。

余計なものを削り落としてシンプルな思考回路が形成されたことで、キーワードは明確に浮かび上がった。それは…、

 

「旅」「写真」「車」

 

というか、自分の好きなものだわ。

旅は昔から好き、車も昔から好き、写真というよりはカメラが好きだったけど、最近は写真の撮る意味が少し分かった気がしてきた。(ただ美しいとかきれいだけの写真ってあんまし魅力ないし、それだけを求めるのって何か虚しいしね)

車が好きなのは、車に乗れば旅ができるから。あと車は自由に移動できるところが良い。(というか乗り物は全般的に好き)写真が好きなのは旅をのこせるし、人に見せれるところが良い。

そんなところで繋がってきたのは、車での旅行、旅先で発見したこと、感心したこと、それらを共有できるサービスがあったらいいなぁ、と。

単純にそういう系統のサイトっていくらでもあるし、その程度のことはSNSやらブログで充分に伝えられる。

だけどもっと自分らしさを表現できる方法ってあると思う。既存サービスも良いけど何か物足りない。(ウェブ独特の虚しさがあるんだよね)

旅行記(印刷の)を気軽につくれないか、作った旅行記を共有できるスペース(ウェブでもリアルカフェでも旅好きが集まって互いの旅の話を共有できるような)

旅行計画立てる時にじゃらんとか既製の旅行プランがのった旅行雑誌とかを買うことが多いけど、そうではなくて実際の旅行者の声や写真をシェアしてプランを自分流にカスタマイズできるようなものがあるといいかな(既にあるかもしれないけど)

具体的にどーする、こーするという話ではないけど、もっと旅行を楽しむためにはどうすれば良いか、それに対してもっと提供できる価値が何か探って行きたいなと思った。

 

つまりは当面の目標は「旅の達人」になるということなのかな。

 

話は戻るが、この研修の最後には3日間の思索の成果を発表する。しかし、そこでの発表では言いたいことの半分も言えなかった。

というか整理できたと思っていてもいざ言葉にすると整理できていなかったことに気づくんだな。

人に伝える為の技術(プレゼン力など)というものも習得していきたいと思った次第。

 

あと、自分の「思い」は思ってるだけではだめで少しづつ外に対して発信することがつくづく大事だと気づいた。

dolphin play

砂の伯爵

店番

I’m in france?