ほっかブログ

カテゴリー「18-55mm」

くれ

_DSC0219

spiral

_DSC0036

海に続く道

_DSC0106

風紋

_DSC0019

_DSC0092

モネの庭

怒濤のカートレース観“撮” <幸田サーキット>

とある事情で、本日は幸田サーキットにてカートの6時間耐久レースにカメラマンとして参加。

幸田サーキットは蒲郡の中心部から15分程の距離にある蒲郡民にとって好アクセスなサーキット。レンタルカートもあるので、仕事帰りにひとっ走りっていうのもいいかも。

こういったサーキットの撮影には望遠レンズが必需品なのだけど、以前所有していた200mmの望遠レンズはこれまたとある事情で売却してしまったので、18-55mmの標準レンズと、35mm、8-16mmの3本体制で望むことに。後々のトリミングを考えれば55mmの画角でもなんとかなるという判断。(でも理想は600mmぐらいが欲しい…)

何よりカートレースを間近で見たのは初めてだったので、その迫力に圧倒!実に速い。いや、実にド速イのだ。カーブを曲がるときのキーッ!キキーッ!!というスキール音も半端ない。

目で追うのも苦労するぐらいすばしっこいので、カメラで狙うのは至難の業。なので、デューク東郷にでもなったつもりで標的を狙う。始めはアスファルトをひたすら狙撃(撮影)していた。その内コツがつかめてきたので、フォーカスポイントをあらかじめ決めてターゲットを狙い撃てるようになってきた(かな?)。

一発撮りか連射。どちらのが良いか。手前の武器(カメラ)は連射が利かない(遅い)入門機であるため、連射で上手く撮れる可能性は低い。それより、単発で確実にしとめていった方が上手く収まる。なんやかんやで計1,980枚撮影。手持ちのSDカードをフル活用。(13GB分)少々撮りすぎたので、撮影後の編集が大変なのです。

改めて蒲郡って、幸田サーキットやスパ西浦サーキットがあってモータースポーツをするには良い場所ということを実感。しかしながらなかなか参加までってハードルが高いのですね。漠然となんか難しそうな感じがして…。今回のことは何かの縁だとも感じるので、近々カートデビューというのもありえなくもない、というかやってみたいすね。(おデブは不利なのでダイエットにいそしむ良いきっかけになるかも)ポロで体験走行というのも良いかも。

 

恋路ケ浜

ほたる

ほたる